建売住宅を購入する3つのメリット

新築一戸建てを購入するにあたり、注文住宅にするか建売住宅にするか迷うところではあります。特に土地を所有していない人は、土地から探さないといけないので費用も時間もかかりますよね。ここでは建売住宅を購入するメリットを3つ紹介します。

1つ目は、注文住宅と比べてコストが断然安く済みます。戸建て住宅を購入した後は住宅ローンの支払いの他、毎年固定資産税もかかりますし、火災保険・地震保険の支払いもあります。さらにマンションと違って修繕費も自主的に貯めなくてはなりません。コストが安い分、それらにお金を回すことができます。また建物にお金をかけない分、注文住宅では予算オーバーであきらめていた住みたい土地に住めるかもしれません。

2つ目は、土地も含めて一括で購入できます。土地を所有していなくて注文住宅を建てる場合、まず土地を購入しなければなりません。土地を購入する際に現金で購入しない限りローンを組むことになりますが、建物が完成した時にローンを組みなおさなければなりません。建売住宅ではローンのつなぎ融資などの手間がかかりません。

3つ目は、実物を見てから購入できます。したがって、外観のイメージや間取り等、気に入った物件を購入できます。もしくは、建売住宅でも建築前なら壁紙など多少設計を変えられたりできる物件もあります。

以上、建売住宅のメリットをお伝えしました。注文住宅のように自分好みの仕様にできないなどのデメリットを享受できるのであれば、建売住宅を候補に入れてみてはいかがでしょうか。

 

<PR>生命保険の口コミ.COM|心の童話|お家の見直ししま専科|英語上達の秘訣|JALカード|女性向けエステ.com|生命保険の選び方|女性の人生|お小遣いNET|ショッピングカート|内職 アルバイト|マッサージのリアル口コミ.com|住宅リフォーム総合情報|工務店向け集客ノウハウ|家計見直しクラブ|